専業主婦がカードローンを利用する理由とは?

カードローンでは、目的別ローンとは違って、どのような目的でお金を借りても自由です。その分金利などの利子は高くなっているので、目的がはっきりしていて目的別ローンがあるのならそちらを選択しましょう。
カードローンでは、どのような目的で借りても自由であるとはいっても、注意しなければいけないこともあります。専業主婦がカードローンを利用する理由として、意外にも多いと言われているのが、「生活費が足りない」という理由です。実は、生活費を充当するためにお金を借りた場合、破綻のリスクが大きくなるので注意が必要です。
生活費目的でも、友人の結婚式のような急な出費でどうしてもお金が必要になってしまった場合にその時だけ借金をするのなら問題はありません。急な出費で時々お金を借りるだけなら、生活が苦しくなるようなことはないでしょう。
しかし、毎月毎月生活費をカードローンで借りているような場合には、注意が必要です。転職をして給料が下がったにもかかわらず、生活レベルを高い状態においているようなケースでは、破綻のリスクはかなり高くなります。生活をギリギリまできりつめて、借金をしなくても生活できるようなレベルまでもっていかなくてはなりません。それでも生活ができなければ、公的な融資を受けたり、生活保護といった社会保障を受けることを検討しましょう。

専業主婦が生活費以外をカードローンで借りる場合の金融機関

生活費をカードローンで借りるのは危険だということは説明しました。しかし専業主婦の場合は生活費についてはご主人の収入でまかなっている場合がほとんどでしょう。専業主婦がカードローンを利用するときは、生活費以外を借りるケースが多いと思います。
パソコンの購入、習い事、友人との付き合いなど、専業主婦が人生をより豊かにするために生活費以外のお金をカードローンで借りるのは、そう悪いことではありません。生活費は足りているのなら、計画的に利用すれば破綻のリスクも少ないからです。
しかし、専業主婦がお金を借りるときには、消費者金融では借りられないということに注意しておく必要があります。消費者金融では、総量規制がかかるので、無収入の専業主婦では借入ができません。消費者金融で借りられると思っていて、いざお金が必要になった時に申し込んでみたら、審査に通らなかったということになったら、やりたいことを諦めなければならなくなります。専業主婦がカードローンを作るなら、総量規制の対象外の銀行カードローンを選ぶ必要があります。銀行は消費者金融のように申し込みから融資までのスピードがはやくない場合も多いので、お金が必要になるかもしれないと思ったら、あらかじめカードを作っておくとよいでしょう。銀行の審査では、信用情報に対してとても厳しいので、普段からクレジットカードやローンの支払いでは延滞をしないように気をつけておきましょう。

支払いで滞納をしてはいけない?

計画的にカードローンを利用していても、急な出費などで支払いが苦しくなることはあるかもしれません。そんなときは夫に相談して出してもらうのが一番良いですが、どうしてもすべての料金を支払えないという場合には、優先順位を覚えておくと良いかもしれません。
支払いの滞納で、信用情報に傷がつく支払いとそうでない支払いがあります。どうしても料金を滞納しなければいけないときは、信用情報に傷がつく支払いを優先的に支払うことで、信用情報に傷がつくことを回避することができます。
信用情報に傷がつく支払いとは、会社が個人信用情報機関に加盟している支払いです。例として、クレジットカード、金融機関のローン、携帯電話の割賦料金、奨学金などです。金融機関は原則として個人信用情報機関に加盟しているので、金融機関への支払いは滞納してはいけません。携帯電話料金は原則として信用情報に影響しませんが、携帯本体の分割払い料金が含まれている場合には延滞すると傷がつきます。
信用情報に傷がつかない支払いとは、水道光熱費、賃貸の家賃、インターネットの通信費などです。水道光熱費などではサービスを提供している会社が個人信用情報機関に加盟していないので、延滞をしても延滞料金を取られたりサービスを止められたりはしますが、信用情報には影響しません。
信用情報に延滞情報やブラック情報がついてしまうと、およそ5年~7年は消えないとされています。生活に大きな支障が出ることもありますので、信用情報には傷をつけないようにしましょう。

 

専業主婦が生活費以外を借りるときの注意点

実は、専業主婦でも消費者金融でお金を借りられる場合があります。貸金業法では、専業主婦の場合は例外的に、夫の同意があれば無収入でもお金が借りられるとされています。実際には、夫の収入を調べたり、他社からの借入額を調べるのに手間とコストがかかるので、大手をはじめ多くの消費者金融では専業主婦への貸し出しはおこなっていません。しかし一部の中小消費者金融では、専業主婦でも夫の同意があれば貸し出し可能としているところもあります。銀行の審査に通らないといった場合には、夫に内緒というわけにはいきませんが、消費者金融での借入も検討してみるといいかもしれません。
専業主婦がお金を借りる場合には、限度額が10万円~30万円になるなど、金融機関側もリスクをとらないようにしています。しかし、お金を借りられることと、無理なく返済できるということは別問題です。審査に通ったからといって、安易に限度額いっぱいまで借りてしまうと、破綻のリスクが上がります。特に消費者金融で借りる場合には、金利も高いので、目的をもって利用して、目的を果たしたらダラダラと借り続けることはせず、さっさと解約してしまうことがお勧めです。専業主婦が生活費以外を借りるときは、無理のない返済計画を立てることが大切です。